メディア連載 青年部活動 お知らせ

宍道湖しじみ資源量、大幅減!!

2018.12.05 | Category: メディア連載

本日、新聞報道で秋季宍道湖シジミ資源量調査の報道がございました。

結果は…前年度の約半数未満となる3.2万トン!



今年を振り返ると春にしじみが浮いてきて今まで漁師になってから10年でこんなによく獲れた年は初めて!というぐらいの豊漁でした。

しかし、先輩漁師の方々からは『平成18年の時とそっくりだ!』、『今年はしじみが大量死するかも?』と聞いていましたので豊漁でもどこか不安な気持ちでいっぱいでした。

やはり漁民の勘は鋭い!!

夏になり7月半ば辺りから松江市の東部区域である北の砂浜の漁場ではしじみの大量死。そこから8月には宍道湖一面でしじみの口開けや死貝が目立ち、やっと落ち着いたと思ったのも束の間、9月半ばにまた北の浜で大量死が起こり、9月末には宍道湖の西部区域でも大量死。

結果、宍道湖全域で大量にしじみが死んでしまい、特に宍道湖南岸ではしじみが採れなくなってしまいました。

稚貝が見当たらないのも非常に心配。。来年は漁師さんにとっては厳しい1年になるかもしれません。

宍道湖しじみ、資源量調査で過去最高

2018.07.31 | Category: メディア連載

本日、新聞報道で宍道湖しじみの6月の資源量調査が発表されました。

ヤマトシジミの資源量は7万2051㌧で漁獲対象の成貝は4万2653㌧で調査の記録で残る過去最高の資源

量となりました。



しかし、現在の宍道湖の状況は非常に高い水温が続いており、その影響で宍道湖全域で貝の口開け、死貝が増えており、安心できる状況ではありません。

この資源量が続くためにもそろそろ雨…降ってくれ!

嫁が島に新たな事実が…

2018.06.28 | Category: メディア連載

宍道湖に浮かぶ唯一の島、「嫁が島」



その嫁が島には様々な事実が隠されています。

嫁が島には悲しい伝説がある。

嫁が島は実は神社!?

嫁が島は歩いて渡れる!?


そして先日の新聞報道で新たな新事実を知りました。

なんと、嫁が島には住所がある!?





今度から嫁が島を眺めるときには「住所が存在するんだ~!」と思って眺めてみて下さい!

疲労臭対策にはしじみがおすすめ!

2018.05.08 | Category: メディア連載

本日放送されておりましたTBS系情報番組、ビビットで疲労臭の特集が放送されておりました。

加齢臭など体臭といえば男性が多いイメージですが、この疲労臭は40代からの女性に多いようです。

疲労臭ってそもそも何!?

疲労臭は疲れがたまることが原因で肝臓に負担がかかり、それによって代謝されるべきアンモニアが体から発生すること。

その疲労臭の原因が働きすぎや不摂生・飲酒、また女性の方に多い便秘などによって起こるようです。

近年、非常に増えている疲労臭。この匂いの原因であるアンモニアを減らす食材として”しじみ”が紹介されておりました。



しじみにはオルニチンが多く含まれており、そのオルニチンが肝臓に作用してアンモニアを分解して減少させます。また、疲労回復にも効果があるので、しじみはまさにおススメの食材です!

100歳以上が日本一多い島根。サプリ要らずの食生活の秘密は

2017.12.12 | Category: メディア連載

面白い記事を見つけたのでご紹介します→https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171203-00533529-shincho-soci

日本一100歳以上の多い島根県!その秘密は"宍道湖"にあったようです!

宍道湖で水揚げされる宍道湖七珍の魚介類には栄養成分がとても豊富。それぞれの季節にあった旬の食材が通年通して食べられる宍道湖は長寿食材の宝庫と紹介されております。

そんな宍道湖も今は獲れる魚介類が昔ほど多くはなくなりました。その中でもしじみは通年を通して安定した水揚げがある数少ない宍道湖の長寿食材です。

松江市の世帯あたりの年間シジミ消費量は約2200グラム。全国平均の約7倍で堂々1位となっております。

この数字が松江市に長寿のお年寄りが多い理由の一つとなっているのかもしれません。

毎日しじみを食べればサプリ要らずの健康的な生活が送れます。よろしかったらお試しください!

 

しじみ屋の商品

活しじみ
冷凍しじみ
レトルトしじみ