しじみや

2016.03.25 しじみの選別!お客様の元へ、より良いしじみを…

昨日、今日と少し冷たい風が吹く宍道湖。来週からまた気温が上昇する模様です。
今週に入り見た目のキレイなしじみが増えてまいりました。私も毎日少しづつ漁場を変えながら死貝の少ない箇所で漁を行っております!
場所によっては殻やガボと言われる死貝が非常に多い状況です。全体的に口を開けたしじみが多いのも少しばかり気になります。

このような中身は身が入っているけど口を開けたしじみも殻と同様除去します。
しじみの選別方法ですが、基本的にしじみの音で選別を致します。※よく驚かれるんですが…。
まず、持って帰ったしじみを選別機で大きさを分けます。
そしてしじみの鈍い音のするものを除去しながら中身の入っているしじみだけを出荷致します。

しじみを1粒1粒丁寧に音で選別するのでとても重労働の作業ですsad
※殻はもちろん、ガボと言われる死貝や口を開けたしじみも目だけでは除去することが難しく、この音で選別をすることによりお客様の元へ安心してお届けすることができるんです!
こうして出荷されたしじみの中から現場で働く私たち漁師が目利きしたより良い1級品のしじみだけを砂抜きしてお客様の元へ配達します。

上の写真の砂抜しているしじみですが、左の茶色のしじみは砂地で漁獲されたもの。右の黒色のしじみが泥地で漁獲されたもの。
土壌によって貝の色も異なります。おもしろいでしょー!!
漁師はしじみを獲るだけが仕事ではなく、丁寧な選別を行うことによりお客様に安全に美味しく食べてもらうことまでが我々の仕事です!

 

|

>>一覧に戻る